家具を梱包するコツ

家具を梱包するコツ

引越しの準備の中でも大変なのが家具の梱包です。
引越しに慣れている方ならば、さして手間に感じないかもしれませんが、不慣れな方にとってはとても大変です。

 

棚類の梱包

まず、棚や引き出しが付いている家具は、必ず中身を出しておくようにしましょう。
特にこわれものがしまってある家具からは、忘れずに中身を出して、ダンボールなどにしまっておきます。

 

また、棚や引き出しが輸送中に取れてしまわないように固定しておく必要があります。
紐などで固定すると良いでしょう。

 

固定はガムテープよりヒモがオススメ
テープで固定するなら、粘着力が弱いものを選びましょう。
テープの糊で塗装が剥げてしまったり、跡が残ってしまったりします。

 

ベッドやハンガーラックなど分解して運ぶ家具は、必ずネジなどの部品を一つにまとめてダンボールなどに梱包しましょう。
ビニール袋に入れるだけの梱包だと紛失してしまうおそれがありますし、
引越し後に何の部品か分からなくなってしまうこともあるからです。

 

布団の梱包

布団を梱包する際は、布団袋に入れるのがベストですが、用意できない場合には
大きなダンボールなどで間に合わせてもOKです。

 

気を付けたいのは、布団の間に他の荷物を入れないことです。
布団の中ならばショックを吸収できるからと、こわれものを入れてしまう人がいますが、
引越し業者さんは布団を荷物の一番上に積み重ねます。

 

逆にこわれものが壊れてしまうリスクが出てきてしまうのです。
布団の中には物を入れないようにしましょう。

 

  家電や割れものを梱包するコツ:引越し準備

最短1分入力!カンタン見積りサイト
利用者数75万人突破の人気サービスです!最大10社に無料で見積もりOK!

引越し価格ガイド


スポンサードリンク

家具を梱包するコツ:引越しの準備関連ページ

荷造りのコツ
家電や割れものを梱包するコツ
不用品の処分方法